Pocket

さて、このルートのメインは、ミンナントゥ村訪問。<br /><br />ミンナントゥ村はニャウンウー村から南へ8kmの位置にある。<br /><br />私はお宅訪問、村訪問、大好き。<br /><br />村に着くと、待っていたかのように10代の若い女の子が近づいてくる。<br />案内しますからついてきてと。<br /><br />要は勝手に回るな、と言うことなのかな、と思い大人しくついていくことにした。<br />

ミンナントゥ村はニャウンウー村から南へ8kmの位置にあります。

私はお宅訪問、村訪問、大好き。

村に着くと、待っていたかのように10代の若い女の子が近づいてきます。
案内しますからついてきてと。

要は勝手に回るな、と言うことなのかな、と思い大人しくついていくことにしました。

案内の先々で、出会う村人。<br />この方なんかカメラ慣れしているから、ポーズも決まっているよね。<br /><br />結構観光客も来るようで、私が行った時は、クラブツーリズムの団体客が来ていた。<br />日本人観光客も来るんだー、と驚いた瞬間だったよ。<br />

案内の先々で、出会う村人。
この方なんかカメラ慣れしているから、ポーズも決まっていますね。

結構観光客も来るようで、私が行った時は、クラブツーリズムの団体客が来ていました。
日本人観光客も来るんだー、と驚いた瞬間だったでした。

さて村人の家を見ていきましょう。<br /><br />ミャンマーには乾季、雨季と冷季と言う3つの季節があると言う。<br />今は冷季と言う時期で一番寒いのだと言う。<br />昼間は乾季の時と一緒だが、朝晩はきついと話す。確かに朝晩は寒いかも。<br /><br />じゃあ、このふきっ晒しの家、辛いだろうな。<br />一番辛いのは、スコールがある、雨季だろうけど。

さて村人の家を見ていきましょう。

ミャンマーには乾季、雨季と冷季と言う3つの季節があると言います。
今は冷季と言う時期で一番寒いのだそう。
昼間は乾季の時と一緒だが、朝晩はきついと話します。確かに朝晩は寒いかも。

じゃあ、このふきっ晒しの家、辛いだろうなぁ。
一番辛いのは、スコールがある、雨季だろうけど・・・。

訪れた時は4時半過ぎ。<br />子どもたちも手伝って夕食の準備をしていた。

訪れた時は4時半過ぎ。
子どもたちも手伝って夕食の準備をしました。

お父さんも良くカメラを向けられるのかな。<br /><br />ガイドブックに書いてあるけど案内してくれる女性に後で3000チャットくらいはお礼しなきゃいけない。<br /><br /><br />きっと村の大事な収入源なんだろうな。<br />

お父さんも良くカメラを向けられるのかな。

ガイドブックに書いてあるけど案内してくれる女性に後で3000チャットくらいはお礼しなきゃいけません。


きっと村の大事な収入源なんだろうなぁ。

村ではいろんなおみやげ物も売っている。<br />こちらはバガン名物サンドアート。<br />どんなに折り曲げても元通りになり、洗ってもOKというもの。<br />素晴らしい絵。<br />これは後で買っておけばよかった、と後悔したよ。<br />そんなに高くなかったはず。

村ではいろんなおみやげ物も売っています。
こちらはバガン名物サンドアート。
どんなに折り曲げても元通りになり、洗ってもOKというもの。
素晴らしい絵。
これは後で買っておけばよかった、と後悔したものの1つ。
そんなに高くなかったはず。

この村の中で一番立派な家。<br />ここはスコールが来ても雨漏りは大丈夫かな。<br />中では妊婦さんが横になっていた。<br />自宅分娩なのかしら?<br />聞いとけばよかった。

この村の中で一番立派な家。
ここはスコールが来ても雨漏りは大丈夫かな。
中では妊婦さんが横になっていました。
自宅分娩なのかしら?
聞いとけばよかったです。(英語力が足りなくて断念・・・)

壁は薄い木を編み込んで作られている。<br />通気性に優れた作り。<br />湿気を溜め込まないそうだ。

壁は薄い木を編み込んで作られています。
通気性に優れた作り。
湿気を溜め込まないそうですよ。

村の中心部では養豚があった。

村の中心部では養豚がありました。

ここがお風呂。<br />もちろん水のみ。<br />だから皆、昼間に入ると言う。<br />洗面器でバチャバチャとするのね。<br />手前にあるのが井戸。<br />そこからも汲んだりすると言う。

ここがお風呂。
もちろん水のみ。
だから皆、昼間に入ると言います。
洗面器でバチャバチャとするのでしょう。
手前にあるのが井戸。
そこからも汲んだりするそうです。

ミャンマーはピーナッツ栽培が盛ん。<br />これは干しているところ。<br />確かに飲食店に行ったら、先付けとして良くピーナッツが出てきた。<br />ピーナッツは今回のお土産にもしたよ。

ミャンマーはピーナッツ栽培が盛ん。
これは干しているところです。
確かに飲食店に行ったら、先付けとして良くピーナッツが出てきました。
ピーナッツは今回のお土産にもしたよ。

今回案内してくれた女性。<br />なかなかしっかりした女性で慣れていた。<br />一生懸命英語も勉強したのだろう。<br />訛りは強いが、私よりは上手。

今回案内してくれた女性。
なかなかしっかりした女性で慣れていました。
一生懸命英語も勉強したのでしょう。
訛りは強いが、私よりは上手。

最後に案内されたのはロンジ-工場。<br />糸のつむぎ方をレクチャーされた。<br />綿は村のあちこちに生えていたよ。

最後に案内されたのはロンジ-工場。
糸のつむぎ方をレクチャーされました。
綿は村のあちこちに生えていましたよ。

もちろん後ろではロンジ―も売っています。<br /><br />1600~3000チャットくらい。安いけど、気に行った柄がないから遠慮した。<br /><br />案内してくれた女性に相場通り、3000チャットを支払って村を後にする。<br /><br />急がなきゃ、そろそろ夕焼けの時間だ。<br />

もちろん後ろではロンジ―も売っています。

1600~3000チャットくらい。安いけど、気に行った柄がないから遠慮しました。

案内してくれた女性に相場通り、3000チャットを支払って村を後にしました。