Pocket

2012年に世界遺産登録されたジャティルイ棚田。ここはウブドの時に見た棚田より大きかったです。

規模が違う。世界遺産になるだけあります。

ジャティルイは人口のほとんどが稲作農家で、ガイドさんの話だと、一般的なお米だけでなく赤い米も作っているそうな。

ジャティルイ周辺の標高は700メートル付近ということもあり、コーヒー豆やバナナの生産も行われているようです。

あいにくの天気ではありましたが、観光客が多く訪れていました。

欧米系かな。米どころの人じゃなかったですね。

世界遺産登録の理由は、バリ島特有のスバックという水利システムを利用した自然にやさしい棚田だからだそうです。

雨足が強くなってきたから退散。
晴れた日に来たかったですね。残念!