Pocket

さてマンダレー。<br />まずは王宮へ行きましょう。<br />一人だと、タクシーやトゥクトゥクはもったいない。だからバイクタクシーを探すようにしている。<br />しかし待てど暮らせど通らない。時間ももったいないから、仕方なくトゥクトゥクにする。<br />王宮まで朝食レストランから3000チャット。

さてマンダレー。
まずは王宮へ行きましょう。
一人だと、タクシーやトゥクトゥクはもったいないです。だからバイクタクシーを探すようにしています。
しかし待てど暮らせど通らない。時間ももったいないから、仕方なくトゥクトゥクにしました。
王宮まで朝食レストランから3000チャット。

王宮の入り口では、まずマンダレーの入域料を支払う。<br />入域料は10000チャット。なかなかの値段。<br />王宮へ入るときはパスポートを預けなきゃならないが、管理しているおっさんがなかなか隙がありそうに見えたので、他の方の預けているものを見て、私はプライオリティパスのカードを預けることにした。<br />最悪なにもなかったらお金を預けるのでも良い。<br />絶対にパスポートは止めた方がいい。<br />このおっさん、あんまり見ていない。

王宮の入り口では、まずマンダレーの入域料を支払います。
入域料は10000チャット。なかなかの値段。
王宮へ入るときはパスポートを預けなきゃなりませんが、管理しているおっさんがなかなか隙がありそうに見えたので、他の方の預けているものを見て、私はプライオリティパスのカードを預けることにしました。
最悪なにもなかったらお金を預けるのでも良いようです。
絶対にパスポートは止めた方がいいです。
このおっさん、あんまり見ていません。

 

では王宮まで歩きましょう。
いろいろ乗り物の声もかかりますが、歩いても15分程度。
朝の良い散歩ですよ。

1857年 ミンドン王により建設開始され、4年後完成。<br /><br />1885年 イギリス軍に占領、軍の施設として利用していたが、1942年 日本軍に占領される。<br /><br />1945年 日本軍と英印連合軍との戦闘により全焼失<br /><br />1990年代にようやく再建された。

ようやく王宮に到着。では歴史を紹介します。

1857年 ミンドン王により建設開始され、4年後完成。

1885年 イギリス軍に占領、軍の施設として利用していたが、1942年 日本軍に占領される。

1945年 日本軍と英印連合軍との戦闘により全焼失

1990年代にようやく再建された。

中には博物館もある。

中には博物館もあります。王宮は相当大きかったですね。ほとんど似たような建物だけどね。

謁見の間の後ろにある、控えの間。<br />光がほとんど入っておらず、大分暗い場所だったが、装飾は豪華。<br />こだわりが伺える。

謁見の間の後ろにある、控えの間。
光がほとんど入っておらず、大分暗い場所でしたが、装飾は豪華。こだわりが伺えます。

旧王宮の名物、監視塔へ向かいましょう。<br />ここからマンダレーの街が一望できる。<br /><br />螺旋階段の横幅は大分狭く、人とすれ違うのも大変で、写真を撮影している場合ではなかった。

旧王宮の名物、監視塔へ向かいましょう。
ここからマンダレーの街が一望できます。

螺旋階段の横幅は大分狭く、人とすれ違うのも大変で、写真を撮影している場合ではなかったです。

王宮の全貌が見えてきた。<br />スケールが違うな。ミャンマーの人は赤い屋根が好きなのね。<br />バガンで見た王宮も、このような色合いだったから。<br />

王宮の全貌が見えてきました。
スケールが違うな。ミャンマーの人は赤い屋根が好きなのね。
バガンで見た王宮も、このような色合いだったから。

緑もなかなか多い。<br />しばし休憩。<br />塔に上がるのは5分もかからない。<br />上は良い風が吹いている。<br />暑い。昼間はやっぱり暑いなぁ。

緑もなかなか多い。
しばし休憩。
塔に上がるのは5分もかかりません。
上は良い風が吹いています。
暑い。昼間はやっぱり暑いなぁ。

民族性の違いでしょうが、結構適当に作ってある箇所も見受けられます。
これは去年行ったスリランカでも感じたこと。
日本と同じ仏教の民ではあるけど、あまり物事にこだわらないというか、細部に関心がないのか、細かく鑑賞すると、適当にここは作ったよね、とか透けて見えます。


暑い国の建物は、遠くから見た方がありがたみを感じるなぁ。


王宮見物は1時間強で終わります。