Pocket

絶対行く観光地。スワヤンブナート(モンキーテンプル)。

なぜモンキーテンプルともいうのか。
サルが多いからです。

カトマンズ中心街から西へ約2キロ、緑に囲まれた小高い丘の頂上に、スワヤンブナートはあります。

 

大昔、カトマンズ盆地がまだ湖だったころからこの丘の上に建っていたという伝説がある、「ネパール最古の仏教寺院」とされる歴史ある寺院です。
カトマンズの街が今の形になる遥か昔から、この地に住む人々の暮らしを見守ってきた街の守り神とも言えるこのスワヤンブナートは、1979年世界遺産に登録されました。

400段弱という石段を上ると、そこには黄金に輝くストゥーパ(仏塔)がネパールの青い天に高く、高く聳えています。そして、高さ15メートルのストゥーパの先から四方八方へ伸びる5色の鮮やかなタルチョが風になびいています。

円筒形の物は、「マニ車」と呼ばれるチベット仏教の仏具のこと。側面に経文が刻まれており、手で回転させた数だけ経を唱えるのと同じ功徳があるとされています。

晴れているとタルチョが映えるから良いですね。
雨だと見学どころではありません。やはり観光は天気が一番。

タルチョとは、チベット仏教で用いられる五色の祈祷旗。青は空、白は風、赤は火、緑は水、黄色は大地を表しており、その一枚一枚に経文が書かれています。
5色のタルチョが乾いた風にたなびく様は、ネパールを象徴する風景。

これは街中でも見れる。ここだけじゃない。ホテル前のストリートでも見れましたよ。

私のように旅行が好きな方の中には、沢木耕太郎さんの「深夜特急」を愛読された方もいると思います。ドラマ版「深夜特急」の中で、主演の大沢たかおさんがネパールに入国し最初に訪れた場所がここスワヤンブナート。覚えている人、いるかな?

サル…本当に多い。食べ物等の携帯品を盗られないように十分に注意しましょう、とガイドさんの声が飛ぶ。どんなに神聖な場所であっても、猿にはTPOなど全く関係ないですからね。

小高い丘の上に建つスワヤンブナートの展望台からは、カトマンズの街を一望にすることができます。
晴れた日は美しい。