Pocket

バリ島は、島南部の海岸を舞台としたサーフィンのメッカとして知名度を高めてきました。乾季・雨季を問わず良質な波を求めて世界各国からサーファーが訪れています。

相変わらず観光客が多い。<br />やはりクタビーチは一番人が多いな。

 ともかく島北部より島南部の方が観光客向けの店が多い分、全てにおいて物価が高いように見えました。繁華街には地元民が集うような店もあまり見当たらず、観光客向けのレストラン、雑貨店などが立ち並びます。中心地にあるビンタンスーパーマーケットも高めでした。

クラクラバスに乗ってまず向かったのがビンタンスーパーマーケット。<br />クラクラバスは時刻表があるから、それを参考にして動くと良い。あと、アプリケーションもある。参考にはなる。(どこに今バスがいるか、とかね。)<br /><br />ここで3日分の朝食とお土産を購入。お土産価格は空港の3分の1程度。280500ルピア。<br /><br />クラクラバスバスに乗って次はバリのテロのモニュメントへ向かう。待ち時間にアイスを買った。アイスは25000ルピア。<br /><br />