Pocket

おはようございます。全く眠れなかった空港泊。4時前に諦めて顔を作って、身支度を整える。<br />4時半、空港を出発。GRABタクシーのアプリを起動するも、全くタクシーがいない。<br />仕方なく、他の客を送ってきたタクシーが止まっていたから 、それに乗り込む。アウミンガラーバスターミナルまで7000チャット。560円くらいか。やはりひとり旅、タクシーは高くつく。<br />20分くらいでバスターミナルに到着。バスターミナルはアホみたいに多くのバス会社がひしめき合っている。<br />チャイティーヨーに向かうのは、WINというバス会社。運転手さんに伝えたら、そこまで送ってくれた。<br /><br />WINのバス会社の人に印刷してきたバウチャーを渡し、座席を教えてもらい着席する。事前に予約していたから、ここまではスムーズ。

全く眠れなかった空港泊。4時前に諦めて顔を作って、身支度を整えました。
4時半、空港を出発。ミャンマーはGRABタクシーが運航していますが、タクシーがいない。朝はいないのです。
仕方なく、他の客を送ってきたタクシーが止まっていたから 、それに乗り込みました。

アウミンガラーバスターミナルまで7000チャット。560円くらいかな。やはりひとり旅、タクシーは高くつきます。
20分くらいでバスターミナルに到着。バスターミナルはアホみたいに多くのバス会社がひしめき合っていました。
チャイティーヨーに向かうのは、WINというバス会社。運転手さんに伝えたら、そこまで送ってくれました。



WINのバス会社の人に印刷してきたバウチャーを渡し、座席を教えてもらい着席する。事前に予約していたから、ここまではスムーズ。(https://myanmarbusticket.com/・・・・こちらのサイトでミャンマー国内を走る高速バスのチケットが予約できます。手数料が気になる方は、現地で予約してください。私は心配でしたので、日本でやりました。)

困ったのは寒いこと。<br />ブランケットはないか?と聞いても通じなくて、やたらと着込んだ。<br /><br />隣にいた老婆は親切に色々と教えようとするも、英語は通じず、ミャンマー語でしか話さないから、さっぱりわからない。<br />バスが止まるたびに降りろ、みたいなジェスチャーをするが、私がチャイティーヨーか?と聞くと、バスの運転手や他の乗客は違うという。<br />じゃあなぜ降りろ、というジェスチャーをするのか、と思ったら、トイレ休憩だ、とか伝えたかったみたいなんだ。<br />叩いたりとかして教えるから、到着したのか、と思ったらトイレ。<br />この人、話が通じないわー、みたいな感じで他の乗客に言うから困った。<br /><br />空港であまり眠れなかったから寝たいんだ。寝させてくれ、と言ったところで通じないだろうな、と思い、後ろの席にいた少し英語が通じるお客さんに状況を伝え、<br />老婆に伝えてくれるよう、お願いした。<br /><br />ただバスの運転手や車掌さん、乗客の訛りの強い英語もヒアリングが難しい。<br /><br />私のヒアリング能力が低いのもあるだろうが、先の下りの、ブランケットはありませんか?<br />と聞いた時、バスの下から私のスーツケースを出してきて、スーツケースを持って踊り出した時は面食らった。<br />ブランケットが欲しい、という英語が、どうしてダンスと繋がるのかわからない。<br /><br />5時半に出発したバスは4時間でキンプンという麓の町に到着。<br />車内で空港で買っておいた、パンとジュース、1200チャットで腹を整えて下車。<br />バスはWIN Hotelの前に止まる。<br />スーツケースをホテルに預かってもらった。預り代は2000チャット、取られる。

困ったのは寒いこと。
ブランケットはないか?と聞いても通じなくて、やたらと着込む羽目になりました。


隣席にいた老婆は親切に色々と教えてくるのですが、英語ではなくミャンマー語だから、さっぱりわからない。
バスが止まるたびに降りろ、みたいなジェスチャーをしてきますが、私がチャイティーヨーか?と聞くと、バスの運転手や他の乗客は違うと言ってきます。


じゃあなぜ降りろ、というジェスチャーをするのか、と思ったら、トイレ休憩だ、とか伝えたかったみたいなんですよ。
叩いたりとかして教えるから、到着したのか、と思ったらトイレ。
この人、話が通じないわー、みたいな感じで他の乗客に言うから困ったもんです。

空港であまり眠れなかったから寝たいんだ。寝させてくれ、と言ったところで通じないだろうな、と思い、後ろの席にいた少し英語が通じるお客さんに状況を伝え、老婆に伝えてくれるよう、お願いして目を閉じました。



ただバスの運転手や車掌さん、乗客の訛りの強い英語もヒアリングが難しい。



私のヒアリング能力が低いのもあるだろうが、先の下りの、ブランケットはありませんか?
と聞いた時、バスの下から私のスーツケースを出してきて、スーツケースを持って踊り出した時は面食らいました。
ブランケットが欲しい、という英語が、どうしてダンスと繋がるのかわからない?????

5時半に出発したバスは4時間でキンプンという麓の町に到着。
車内で空港で買っておいた、パンとジュース、1200チャットで腹を整えて下車。
バスはWIN Hotelの前に止まりました。

いよいよゴールデンロックの観光がスタートです!