Pocket

プラナカンとは欧米列強による統治下にあった(現在のマレーシアを中心とする)東南アジアの各地域に、15世紀後半から数世紀にわたって移住してきたマレーシアに根付いた主に中華系移民の末裔を指します。

このようなハウスは今、お店やレストラン、会社が入っています。

プラナカンエリアには5000万円以上のマンションが立ち並びます。
これらはシンガポール人は買えないようで、外国人が買っていくようです。
このような方々がシンガポールに乗り込んできて、シンガポールの物価を釣り上げていくのですね。

こちらは実際に人が住んでいるプラナカンハウス。
1棟2億はくだらないらしい。