Pocket

発展途上国もピンからキリまでありますが、どんな国に持って行っても役に立つ、お客様に喜ばれるアイテムを3つ紹介したいと思います。

1、ポカリスエット粉末

大塚製薬 ポカリスエット粉末

急性胃腸炎対策です。

現地の食事にあたったり、水にあたったりした場合、激しい嘔吐に襲われます。

そのときに注意したいのが脱水症状。

私もつい最近、ネパールで急性胃腸炎になりました。熱も出たし、食欲も失せました。

でも仕事で行っている手前、寝たきりになれるわけではないので、ポカリスエット粉末をミネラルウォーター沸かして粉末を溶かし、よく飲んでしのぎました。年中、ドラッグストアで販売されていますから、少しスーツケースに入れておいた方がいいです。

2.梅キャンディ

ノーベル 男梅 ソフトキャンデー

体調を壊して、食欲がなくなっても何も口にしないわけにはいきません。

薬を飲むためにも必要なことです。何も食欲がない時はキャンディだけでも口にした方がいい。

私は梅味のキャンディを持ち歩いています。特にこの男梅!お客様にも大人気です。

 

3.マスク

(PM2.5対応)BMC フィットマスク (使い捨てサージカルマスク)

発展途上国は道路整備も不十分なところが多かったり、中古車を多用している国は排気ガスの問題も生じてきます。マスクは数枚あった方がいいですね。

街歩きだけでなく機内、就寝時も使えますので大事ですね。

ちなみに、イギリスではマスクそのものが不審者の象徴とされるため、しないほうがいいです。

(過去に、職務質問を多数受けて、ひどい目にあいました。。。)