Pocket

地球の歩き方』を100冊読んで発見した、「最も詩的な一節」を発表する ...

旅に出られないから、地球の歩き方を見て頭の中で旅をする。

 

YOUTUBEでは、このコロナ渦中において、海外渡航をしている人々が多く動画配信しており、うらやましいなぁと思いよだれを垂らしながら見ている。
 アメリカを旅している人の動画なんぞ見ていると、驚きの連続だ。あちらの国は、薬局とかで観光客も無料でワクチンが打てるんだな。
 街中で、無料で抗体検査をしていたり、そのようなテントも多く設置されていたりして凄い。
  PCR検査も観光客も街中や空港で5000円未満でできている。
 特にイタリアやハワイ、フランスなど、観光でご飯を食べていた国は、すごい。経済を回していくために国も必死なんだな、という意気込みすら感じる。
 なぜ、日本ではできないのか。
 アメリカやヨーロッパの一部はもうマスクしていない人もいるというのに、何ぜ日本はこんなにまだ感染者が増え続けているのか。
 理由はワクチンの供給量が足りないからだけじゃないような気がするんだな。
 もし日本のように時短営業の要請や、もろもろの自粛要請がアメリカやヨーロッパ諸国のような多種民族国家でやったらどうなっていただろうか。
 今頃暴動どころで終わっていないのではないか、とも予想できる。
 終わるところの知らない自粛要請は、日本人の大人しい民族だからできていることなんだろうな。
 お国の方針に苛立ちながら、青い空の夢を馳せる。