Pocket

ホテルが集まるナガルコット周辺には農村集落があります。せっかくですから見学してみましょう!

ちょうど子供たちの帰宅と合う時間帯なのか、子供たちとよくすれ違いました。

家々では鶏を飼っているようで、よく鶏たちと遭遇。
山羊は見なかったなぁ。

ガイドさんの交渉がうまくいかなくて、家の中は見せてもらえませんでした。
これはガイドによりますね。
だって私が担当した日以外に行ったツアー客は、家の中を見れたというから。

交渉術はガイド次第。
ガイドによって見学できるかどうかが変わってくるから、家の中が見学できますよーとは言えません。

この時担当したガイドさんも生まれ故郷はこのような田舎村だったといいます。
そこから頑張って進学し、バイトで日本人相手の仕事をして、そこから日本語を学び、今につながっているという努力家さんでした。

日本人相手の仕事をしているから、子供2人も私立の学校に通わせることができているガイドさん。
やはりこの国では日本人相手のガイドは勝ち組なのかもしれないですね。

農村地帯は段々畑になっており、もちろん山々の絶景も拝めます。
この時間帯は雲が多くて、残念でした。

これがお風呂。
水浴び。
夜は寒くてできないから昼間の温かいうちに浴びるんですって。
雨水をためて使用するらしいです。
貧富の差はまだまだ大きい。
家の中で暖をとるときも薪ストーブですからね。

ちなみに人々の写真がないのは、ネパール人は写真を極端に嫌がるから撮影できないのです。

レンズを向けることが失礼に当たる国なんですよ。